自動車に乗りながら行き先の情報を検索したり、カーナビをスマートフォンのアプリで利用したりとドライビングシーンにスマートフォンは欠かせないツールになっています。

しかし、運転中のスマートフォンの操作はよそ見事故につながり、道路交通法でも禁止されています。警視庁のサイトによりますとスマートフォン等の画面を見たり操作したりして起きた事故5年前に比べて約2.3倍に増えているようです。

今回は運転中のスマートフォンの利用ルールについて紹介をします。

運転中のスマートフォンの操作、法律上の定義は?

運転中のスマートフォンの利用に関しては道路交通法71条5号の5で法律上のルールが定義されています。

自動車又は原動機付自転車(以下この号において「自動車等」という。)を運転する場合においては、当該自動車等が停止しているときを除き、携帯電話用装置、自動車電話用装置その他の無線通話装置(その全部又は一部を手で保持しなければ送信及び受信のいずれをも行うことができないものに限る。第百二十条第一項第十一号において「無線通話装置」という。)を通話(傷病者の救護又は公共の安全の維持のため当該自動車等の走行中に緊急やむを得ずに行うものを除く。第百二十条第一項第十一号において同じ。)のために使用し、又は当該自動車等に取り付けられ若しくは持ち込まれた画像表示用装置(道路運送車両法第四十一条第十六号 若しくは第十七号 又は第四十四条第十一号 に規定する装置であるものを除く。第百二十条第一項第十一号において同じ。)に表示された画像を注視しないこと。

尚、罰則については以下の通りとなります。

(1) 携帯電話使用等(交通の危険)※運転中に利用して事故を起こした場合
罰  則 3月以下の懲役又は5万円以下の罰金
反 則 金  大型12千円、普通9千円、二輪7千円、原付6千円
基礎点数 2点
(2) 携帯電話使用等(保持)※運転中に利用した場合
罰  則 5万円以下の罰金
反 則 金  大型7千円、普通6千円、二輪6千円、原付5千円
基礎点数 1点

停車中のスマートフォンの操作はOK

道路交通法上は「当該自動車等が停止しているときを除き」と定義されています。

なので、信号待ちなど車が停止している時にはスマートフォンを利用することは法律上セーフということになります。

ハンズフリーでの利用はOK

通話に関しては「その全部又は一部を手で保持しなければ送信及び受信のいずれをも行うことができないものに限る」と書かれています。

そのため、手で携帯電話を持たなければ通話はOKです。ここはドライバーの皆さんにも多く認知がされていると思います。

運転中に通話が必要な方はハンズフリーヘッドセットを用意しましょう。ただし、ヘッドセットを着用しても救急車やパトカーなどの通行に対応できるよう、周囲の音は聞こえるようにしておく必要があります。

Amazonやカー用品を扱うお店でスマートフォンとBluetooth連携できるハンズフリーヘッドセットが2,000円台から探すことができます。

廉価なものでも通話する上ではストレス無く使用できますので気になる方は是非探してみてはいかがでしょうか?

画面を注視しない

最後にスマートフォン・カーナビについては運転中は「表示された画像を注視しないこと」と書かれています。

これは運転中にスマートフォンやカーナビを操作することを禁止するための定義となります。

「注視」とはスマートフォンの画面を見続けることとなりますが、具体的な秒数などどこからが注視となるかは法律上は明確に定義はされていないようです。

以下の警視庁のサイトでは2秒以上のよそ見が危険だと警鐘を鳴らしています。時速60kmだと2秒間に33メートル進むようです。十分な車間距離を取っていても急ブレーキが合った時には対応が間に合いません。

やめよう!運転中のスマートフォン・携帯電話等使用

最後に

スマートフォンは便利ですが、運転中の利用は大変危険です。運転中はドライブモードを使用するなどスマートフォンの着信や通知が来ないようにしたりし、運転に集中できる環境を作ることが重要ですね。

また、siriなど音声アシスタント機能は各種スマートフォンメーカーも力を入れている領域のようなので、今後テクノロジーの発展により運転中も安全にスマートフォンを利用できる日も遠くない未来に来るような気がします。